うずら屋ストーリー

うずら屋のお惣菜とスイーツ

イメージ

「うずら屋」のルーツは、明治後期の東京、乾物問屋「本木商店」。
当時の乾物屋は生活に必要な様々なものを扱っていました。
中でも、お客様に「生みたての卵を食べてもらいたい!」との想いから、
所沢に別荘を構えにわとりを数千羽飼いはじめるほどの熱意で、
昭和3年には、5店舗にまで発展しました。しかし、そんな時代も長くは続きませんでした。第二次世界大戦です。

終戦後、祖父と先代は戦火を免れた所沢の養鶏で細々と身を立てていましたが、戦後復興の中、栄養価の高い高級食品として珍重され、桐箱に入った「うずらの卵」をひと目見て「うずらは、これから日本の食を支える!」と確信。
自らの養鶏の技術を活かし、養鶉(ようじゅん)へと農園を変革、昭和31、本木うずら園が誕生します。こうして、うずら屋としての株式会社モトキの歴史が幕を開くのです。

実はこの時代、日本で飼われていたうずらは食糧難で餌が与えられず絶滅の危機に瀕していました。当時は養鶉技術も販路も確立されておらず、うずら農家がうずら産業として復興するには大変な苦労があったようです。
こうした先人達の努力の甲斐があって、学校給食の「うずら串フライ」を始め栄養価の高いうずらは、いつしか日本の食を支えるようになってゆくのです。

イメージ

近年、時代はまたも試練を与えます。方や急速に近代化、オートメーション化、大規模化が進む鶏卵業界では、卵の価格が一気に下落。
栄養価の高いうずらの卵であっても、低価格化の波に押され、廃業する農園が後を絶ちません。そして、うずら卵を食べる日本人の習慣も徐々に失われていきました。近年、飼料価格の高騰に追われる逆境の中ではありますが、株式会社モトキのうずらへの思いは揺らぐことなく、関東圏でも非常に数少ないうずら農園の一つとなりました。

そして現社長が運命的に見つけたフランス原産うずらも、日本で初めて輸入繁殖に成功。多くのレストランや料飲店で高い評価を獲得してゆくのです。
常に、株式会社モトキは「うずらの食材としての可能性を最大限に活かす」調理法を研究。
直接お客様にうずらの魅力を伝えるため、所沢にうずら専門SHOP「うずら屋」をオープン。「プチとろシリーズ」を始めとした惣菜類、そしてフランスうずらプリン「まったり濃厚大人プディング」など、ヒット商品を次々開発。「小さなうずらが社会を変える」を信念に、新らたなうずらの時代を、切り開きつつあるのです。

お見せ情報

店舗写真

うずら専門ショップ うずら屋

〒359-1143
埼玉県所沢市宮本町2-5-8
TEL:04-2935-3000
FAX:04-2922-2360

法人向け商品
メディア実績
うずら屋公式通販サイト
風のうずら園
うずら屋「うずら屋日記」

pagetop