御吉鳥

御吉鳥 GO KIT CHO 

小さなひとつに、幸せいっぱい

イメージ

人間との幸せな関係、うずら

紀元前3000年頃、古代エジプトのファラオ王朝メレルカ王の石室墳墓に、
うずらを捕獲している情景が彫刻で残されていたり、うずらの雛を模った古代文字と不死鳥フェニックスの伝説が残ります。
旧約聖書では、飢える民に神から『うずらの肉』が与えられたとされ、ギリシャ神話では、アポロンとアルテミスの郷としてうずら島が登場します。
うずらと私たち人間は古くから深い関係にあったのです。

うずらは縁起の良い鳥

中国は清の時代の辞書『広東新語』には、「鳳」(鳳凰)はうずらであると記されています。
鳳と凰はつがいで、仲睦まじく「平和」・「善政」・「愛」の象徴です。
また、おめでたいことがあった時にだけ姿を現す「端鳥(たんちょう)」であると中国最古の辞書にも載っているようです。
もちろん日本でも、うずらの鳴き声が御吉兆(ゴキッチョー)と聞こえることから、戦国時代の武将達の縁起担ぎに欠かせない大事な鳥でした。
このように『縁起の良い鳥』としての歴史も古くからあるのです。『縁起の良い鳥』うずらは、お目出度い席の演出にも重宝します。

法人向け商品
メディア実績
うずら屋公式通販サイト
風のうずら園
うずら屋「うずら屋日記」

pagetop